看護師の求人事情

仕事、募集「看護師の求人事情」

看護師・求人・募集・派遣ならナースパワー人材センター 『看護師の求人事情とは?』

看護師の求人事情

JU131_72A

毎年3万人も看護師が生まれていますが、どの地域も、看護師の仕事は多く全体的に不足していると言われています。

その理由のひとつに07年4月より、看護の質をあげるため、7:1の看護基準ができたことがあります。

他の医療報酬が減らされる中で、唯一といってもいいアップ分がこの看護基準です。

そのため病院としては生き残るためには看護師の増員が必要になりました。

これを受けて看護師が就業環境に恵まれた一部の病院に集中し、その結果

看護師不足 ⇒ 勤務が多忙 ⇒ 看護師が退職 ⇒ 看護師不足

という悪循環になっているような状況です。

 

また、結婚して退職していた主婦が仕事を離れる状況もあげられます。医療は年々高度化しますので、一度退職すると先端医療への対応が難しいので、再就職をためらう看護師も多く、看護師不足を加速させています。

一方、核家族化の進行により、勤務中に子供をみてくれる人がいなくなったことも原因です。

そのため、勤務時間の制限(夜勤ができない、パートでしか働けない)ができてしまい、託児所や柔軟な勤務体制がとれない病院で働ける人の数が限られてしまい、その結果夜勤のできる看護師募集へのニーズが特に高まっています。

これからも看護師の仕事は活発で募集は多用にでると思われます。

上記のように看護師の人手不足は慢性化しており、社会問題の一つともなっています。

病院側は、常に看護師募集をしている状況なので、病院での仕事を希望するのであれば、選択肢は多くあるようです。

看護師不足を緩和するために、受け入れ側も、転職者の要望に近づいた条件や環境を提示することもあり、よりよい待遇の環境を求めることは可能です。

昨今の一般職の求人難に比べると、仕事の募集が多い看護師は恵まれていると言えます。

btn_touroku