看護師の短期留学に必要な英語力とは?

留学前の語学力

あなたの英語力は?

一般的な英語圏についてですが、留学の際に求められる英語力は、TOEFLやIELTSなどのテストのスコアが基準となり、判断されることが多いです。語学留学をお考えの看護師さんは、受けておられる方も多いのではないでしょうか?


どの程度の英語力が必要?
国によって違いはあるのでしょうか?


アメリカへの留学では、TOEFLのスコアを基準とするのが一般的です。2年制の大学で500点、4年制大学で550点以上というのが、一つの目安になります。一方、イギリスはIELTSが基準になります。ブリティッシュ・カウンシル(英国の公的な国際文化交流機関で東京に連絡先があります)で受験することができ、目安となる結果はBand6.0になります。オーストラリアでは、TOEFLで550点、IELTSでは、Band6.0と、両方のテストが有効となっています。どの国でも、語学学校での学習を条件に、入学が認められる場合もありますので、諦めずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

看護師の短期応援ナース
ナースパワーへのご登録はこちらです!

新規登録はこちら!

前のページへ戻る