海外で看護師として働くためには?

国際看護師の資格取得とは?

海外看護師の資格取得

海外で国際看護師として活躍するためには、それぞれの国によって申請方法や資格制度が異なりますので注意が必要です。語学留学中にアルバイトをする方の中には、その国での看護師としての資格取得の前に、ヘルパーなどで働く方もいます。


海外での資格取得はどの様な手順なの?
日本との違いはあるのでしょうか?


一般的には、その国の短大や大学を卒業して資格を取得する方法です。日本と同じように資格試験がある国や、看護師養成のコースを修了することで資格が得られるところもあります。もう一つは、日本で取得した看護師資格を活用する方法です。例えばアメリカは、日本の看護資格があれば、基礎的な看護知識や英語能力の有無を判断するためのGFNS(外国看護学校卒業正審議会)試験に合格すれば、各州で働くための資格であるNCLEXの受験資格を得ることができます。海外の医療現場では、看護師が医師と対等な立場で意見を交わすことが求められます。国際看護師は、語学力はもちろんのこと、治療の効果や判断力など、看護師としての仕事の能力が発揮できる、とてもやりがいのある仕事です。

看護師の短期応援ナース
ナースパワーへのご登録はこちらです!

新規登録はこちら!

前のページへ戻る