離島・沖縄応援ナースの
就職体験談

この病棟は家族のようです。 
看護師24歳(長野県)

島の人たちは、みんなやさしく温かいです。病棟が家族のようで師長はお母さんのような存在です。新しい応援ナースが入るとみんなで歓迎会!ドンチャン騒ぎです。応援ナースの一人(離島3ヶ所めの看護師さん30歳)が長期滞在を決めて一軒家へ引っ越したのをきっかけに、毎夜応援ナースで集まって夕食会です。昨日は10月なのに半袖で初鍋をしました。みんなで「熱いね~」といって、つつく鍋は最高でした。もちろんお酒も入りますので、そのままお泊りして、朝帰り・・この生活はしばらくやめれそうにありません。
3月迄延長します。その後の仕事も考えないといけないけど、今が楽しいので今は考えられません。全国から来ている看護師さんといろいろおしゃべりができてとても新鮮です。楽しいですよ。

いろいろな土地での応援で充実してます 
看護師29歳(宮崎県)

随分とお返事が遅くなってしまいました…。 すっかり沖縄も秋らしくなって、過ごしやすい毎日です。私はまだ糸満の病院にお世話になっています。最近はMさんが沖縄行きを決められたみたいで、よく電話で話をしてます!!先週は、以前お世話になっていた徳之島に闘牛を見に遊びに行ってきました!(^O^)
その頃の応援ナースも島に集まって、とっても楽しかったですよ~
ナースパワーでいろんな土地で働けて、なにより沢山の人との出会いがあって、ホントにいろんな事に感謝感謝の毎日です。いろんな経験をさせてもらってますm(__)m
しばらくは沖縄にいると思います!また何かあれば連絡します。

「振り絞った勇気で一歩を踏み出しました」 
看護師32歳(神奈川県)

以前から沖縄に旅行に行くのが好きだったので、沖縄応援ナースを希望しました。ただ、なかなか勇気が出ずに応募先を決めきれずにいました。迷っていた理由は、知らない土地で生活をスタートする不安と、自分の経験でした。経験のほとんどが小児科病棟だったのですが、小児単科の病棟で募集している求人が無く、成人看護を応援ナースとしてやっていけるかという不安が大きかったです。しかし、その不安も電話面接で看護部長とお話をして吹っ切れました。私の不安視している点を明るく励ましてくれ、何かあっても優しく相談に乗って頂ける雰囲気を感じました。もうすぐ応援ナースとして沖縄に来てから1年がたちますが、先日、常勤に切替えて働くことを決めました!常勤になる事も多少勇気がいりましたが、沖縄の人はみんな暖かい人なので、きっと楽しく生活できると思っています。ありがとうございました。

癒し 
看護師32歳(東京都)

東京での勤務が忙しかったせいか、TVドラマの舞台沖縄での勤務思いすぐ実行しました。東京では日々多忙な仕事にあけくれ人間関係のストレスから季節の変わりも気づかない日々でした。ここは開放的な海とリゾートに囲まれ島独特の雰囲気に癒される毎日です。都会とは違い流れる時間と人の気持ちがゆっくりしていて、自分自身も心の選択をさせていただきました。一緒の島巡りしてくれた仲間と同僚は私の財産になりました。

「離島応援ナース」に参加して「沖縄の海は別世界!」 
看護師25歳(京都府)

以前から趣味であるマリンスポーツができる事で離島病院の勤務を決めました。「応援ナース」ということで高度な医療技術が必要かと思ったのですが、実際は臨床経験2年位の私でも現場での指導を受け何とか勤務をこなせました。最初は周りに知り合いもいなく一人で不安に思いましたが、看護師さんの中には、私と同じ目的で来ている人もおられすぐに仲良くなり、休みの時はマリンスポーツを楽しんでとてもいい思い出になりました。

30名の応援ナースがいる総合病院に赴任 
看護師36歳(愛知県)

私は平成24年12月から平成27年10月まで、沖縄応援ナースとして2件の病院で応援ナースとして勤務をさせて頂きました。最初の病院は、沖縄県内でも応援ナースの多い病院で30名の応援ナースがいる準総合病院でした。6ヶ月間経験しました。それからは次の病院は、私が初の応援ナース第1号の受入れ病院でした。それを聞いた時、赴任前はかなりプレッシャーを感じていましたがコーディネーターさんのフォローや病院への不明点の確認、不満まで聞いてもらい気が付けば更新含め2年3ヶ月もお世話になりました。2つの病院を経験して感じたのは沖縄という所は良い意味でも悪い意味でも緩い所があり、のんびり屋(マイペース?)の自分にはとても居心地の良い場所でした。私は那覇市と浦添市の病院で勤務をしましたが日常の足は原付バイクで十分行動が出来ました。沖縄でも南部は比較的、本土と変わりの無い生活が出来ます。渋滞を除けば…。今は都市圏応援ナースとして兵庫県の病院に赴任しましたがいずれまた沖縄応援ナースとして勤務ができればと考えています。

結婚と応援を天秤にかけ・・・ 
看護師31歳(神奈川県)

地元横浜で就職先を探そうとパワーへ行きました。勤務希望条件を聞かれたので、本当は結婚したいと自分でも意味不明なことを言ってしまいました。すると年長のコーディネーターの方が「これまでチャンスがなかったのなら同じ行動パターンではこれからもチャンスはありませんよ。いいにくいけど」と言われました(ガァーン)また同時に「チャンスは待つものではなく迎えに行くものだ」とも言われました。行動パターンを変えるには「応援が一番」といわれ、なにか暗示をかけられたように、今沖縄応援しています。もうハヤ満了時期ですが、確かに人間関係が極端に広がり関東出身の人達といい関係に発展しそうです。まだ油断できませんけど(笑)
というわけで延長する予定です。また近況報告しますね。

奄美の自然は最高です 
看護師27歳(大阪府)

お疲れ様です。昼夜の寒暖差があり秋?らしくなってきましたねo(^-^)o お元気されてますか?勤務も残り一ヶ月となりまし。 奄美の自然は最高です!紹介していただきありがとうございます。意外と広い島内をドライブしたり、休みはだいたい海にいました。ナースパワーの応援ナースの方もたくさんいて、みんな仲良し♪たくさんのイベントをし、他では得られない友達ができました。

生活するには少し不便なのと寂しそう 
看護師25歳(熊本県)

先週末、初めて下見も兼ねて・・・離島旅行してきました。何にもないとこでしたが、とってもよかったです♪また行きたいです! 沖縄より海がキレイでカンゲキしました。すごく癒されました。だけど、とても小さな島で、生活するには少し不便なのと寂しそう…と思いました。だけどよかったです!これは近くの豊崎ビーチと瀬長島で見た夕日です。沖縄来たばかりの頃いつも一人で海と飛行機見に行ってました。あれからもう5ヶ月近く経ちます。毎日があっという間です。今は沖縄でたくさんの友人達と楽しく過ごしています。この次は離島にいこうかな・・と思っています♪ また情報があったら教えてください。

沖縄でカルチャーショック☆ 
看護師28歳(北海道)

何度か旅行で行ってから惚れこんで、前から住みたかった沖縄に移住し、赴任。実際住んでみると、最初は方言もわからず、カルチャーショックと、ホームシックで辛かったですが、職場のスタッフが温かく接してくださって、環境の変化にもすぐに打ち解けることができました。病院は、沖縄南部に位置していますが、那覇にもすぐ行けるし、便利な環境でした。病院の目の前にもスーパーありますし、不便は感じません。車はないと困りますが・・・。とにかく、マリンスポーツも、職場のスタッフと仲良くなっていくことが出来たし、本当に楽しく生活できプライベートも充実できたので、また行きたいと思えます。応援ナースで来ている人でも、皆居心地がいいようで、応援期間を延長する人が多いです。

応援ナースの求人を探す

ナースパワー

就職体験談

応援ナース メニュー

PICK UP

登録から転職までの流れ

  1. STEP1 無料会員登録

    こちらの登録フォームより必要事項を記載し送信して下さい。3営業日以内に当社よりご連絡します。

  2. STEP2 電話・メール就職相談

    専門コーディネーターが全国40,000件以上の求人先からあなたの希望条件に沿った求人をご案内します。

  3. STEP3 面接

    希望の求人先に応募し面接となります。面接の日程調整や条件面の交渉を全て当社より行います。

  4. STEP4 就職

    面接の結果で採用が決定するまで就職相談を行います。就職が決定した場合でも費用は一切掛かりません。