転職お役立ち情報 面接の心得

看護師への就職、転職に面接の心得は重要です!

看護師の面接は、一般職に比べ採用率が高いです。全国的に病院の看護師採用枠は旺盛で転職,就職は容易です。しかし競争率の高い病院になると面接内容も非常に重要になります。
「面接の心得」を参考にしてください。

服装・身だしなみのチェックポイント5

  1. point1 化粧
    メイクはナチュラルを心がけ、派手なアクセサリーも厳禁です。
  2. point2 服装
    ベーシックなスーツが基本ですが、清潔で自然な感じが大切です。
  3. point3
    ミュールやサンダルはやめ、パンプスなどにしましょう。
  4. point4 髪型
    清潔であることが一番。長い髪は束ねてスッキリした方がいいでしょう。
    派手な色のカラーリングも病院には合いません。
  5. point5
    きちんと手入れをし、マニキュアはやめましょう。

面接での注意点

  • 自分の都合による面接時間や日程の変更は極力避けましょう!
  • 転職の理由を聞かれたときは、前職の悪口は控え前向きな理由を答えましょう!
  • おとなし過ぎるのもあまり好まれませんがしゃべり過ぎるのも良くありません。
  • 返事はハキハキとしましょう!
  • 常に笑顔を心掛け相手の話を真剣に聞きましょう!
  1. 1.訪問
    • 面接時間の10分前には到着するよう心がけましょう。
    • 受付でまず自分から名乗り、目的を明確に告げましょう。
      <例>「本日面接でお伺いしました○○と申します。御担当の△△様をお願いいたします」
    • 先に会議室などに通されて担当者を待つ場合は担当者が入ってきたら椅子の横に起立します。面接担当者が待つ部屋に入る場合は「○○です。よろしくお願いいたします。」と相手に聞こえるように名乗りましょう。
  2. 2.着席
    「お座り下さい」などといわれてから着席しましょう。座る位置が深すぎたり浅すぎたりすると 姿勢が悪く見えるので要注意です。
  3. 3.面接開始
    • 前職での仕事内容や退職理由などが主に聞かれます。また入職して何をしたいか、何が出来るかなどを聞かれます。あらかじめ質問されそうな事をまとめておくとよいでしょう。
    • 転職理由については、「残業が多い」「人間関係が悪い」など前職場や他人のせいにするのはマイナスイメージになります。前向きな目標で退職したなど前向きさをアピールしましょう。
    • 自己PRも必要です。これまでの仕事の成果や、自分の前職場ではたした役割、学んだことなどを具体的にエピソードをまじえて話すのも良いでしょう。
    • 志望動機は、応募先のどんな点が魅力的か、また自分がここでどんな勉強をしたいかなど、具体的に話すとよいでしょう。
  4. 4.質問
    面接が終わりに近づくと「何か質問はありますか」などとこちらから質問できる機会があります。業務に関係した質問がいいでしょう。事前に面接で聞きたい事をまとめておくと一生懸命さや熱意を伝えることが出来ます。
  5. 5.退室
    面接していただいたという感謝の気持ちを伝えましょう。
    <例>「本日はお忙しいところ面接のお時間を取っていただき、ありがとうございました」と一礼して退出します。
  6. 面接終了。お疲れ様でした。

履歴書の書き方

字の上手下手よりも丁寧に書かれたものが好印象を持たれます。丁寧に読みやすく記入しましょう。書き損じた場合は、新しい用紙に書き直しましょう。修正液を使う事は印象があまりよくありません。履歴書に空白が多いのはマイナスイメージになります。記入欄には自分の魅力をアピールしましょう。

  • 1.日付
    持参する場合は履歴書を作成した日付ではなく、持参当日の日付を記入しましょう。また西暦ではなく元号を使うのが一般的です。
  • 2. 写真
    写真貼付は常識です。写真のないものは応募用件を満たしません。礼儀正しい印象を与える、きちんと襟付きの服装で撮影したものが好ましいでしょう。
  • 3. 氏名
    履歴書用紙に「ふりがな」、「フリガナ」がある場合、それに応じた記入をしましょう。
  • 4. 住所
    郵便番号や所在地は省略しないで記入しましょう。アパート・マンションの場合は建物名・部屋番号の記入を忘れずに。携帯電話に連絡を希望する場合は番号を忘れずに記入しましょう。
  • 5. 学歴
    義務教育は卒業年、高校以降は入学・卒業年をともに記入しましょう。
  • 6. 職歴
    入職・退職をもれなく記入しましょう。病院名だけでなく経験科目の記入があるとこれまでの職務内容がわかりやすいでしょう。
  • 7. 免許・資格
    持っている資格は記入しましょう。仕事に直接関わらないものでも行動力や前向きさをアピールできます。
  • 8. 趣味・特技
    仕事とは無関係ですが人柄が感じられる部分です。空白はよくありません。自分が興味ある事、熱中していることをしっかり書きましょう。
  • 9. 本人希望欄
    自分のどんな点をこれからの仕事に活かしたいかなど、具体的に記入しましょう。
  • 10. 志望動機
    何を求めて転職しようとしているかを示す部分です。自分の言葉を使って主張をしましょう。

採用にした理由
ベスト10

  • 夜勤ができる。
  • 見た目の第1印象が良く清楚である。
  • 過去の職歴が評価できる。
  • 職歴が1箇所あたり3年以上ある。
  • ここで働きたいという意欲を感じる。
  • 配属部署の経験が豊富。
  • ここで働きたいという熱意がある。
  • 職員との協調性が見込める。
  • 勤務形態や給与などの条件が一致。
  • 面接中やさしい笑顔で会話できる。

不採用にした理由
ベスト10

  • 1箇所の職歴が短く、転職歴が多い。
  • 仕事に対する意欲が感じられない。
  • 服装がだらしない、化粧が派手。
  • 自分の事情ばかり話す。
  • 見た目清潔感がない、タバコを吸う。
  • 職場での協調性がみこめない。
  • 妊娠中である。
  • 勤務にあたっての希望条件が多い。
  • 採用試験の成績が悪い。
  • 新婚。出産の可能性あり長期勤務が見込めない。

面接Q&A

面接ではどういう事を聞かれますか?
最も聞かれることは①前職の退職理由②志望動機③入職希望時期です。あらかじめ準備しましょう。また「看護観を教えてください」「看護師を目指した理由は?」「印象に残っている患者さんは?」など想定外の質問がある場合もあります。
試験があると聞いたのですが内容は?
病院によってさまざまですが、看護基礎・一般常識問題・適性試験・看護観小論文などが多くみうけられます。
不採用になったのですが理由はなんですか?
不採用の場合の理由についての開示は通常なされません。不採用の理由ページを参考までご覧下さい。
2件受けて両方採用でした。返事はいつまですればいいのでしょうか?
1週間以内がいいと思います。長くなりますと事業主の採用意欲が減退し内定取消しの可能性もあります。特別な事情がある場合は率直に相談されることをお勧めします。
採用の通知がきましたがあまり気がのりません。どうすればいいでしょうか?
その気がなければ早目の辞退が事業主に親切です。長引くと事業主の採用計画に支障を与えます。ただ、他への就職が可能かどうか判断してからがよいでしょう。
面接時、給与を聞いてないんですが・・・?
就職先を決定するうえで賃金を聞くことは重要です。確認してからの方が勤務後のトラブルが未然に防げます。
採用が決まりました。ハローワークから支給される「再就職手当」を受給したいのですが?
ハローワークにナースパワーの紹介で仕事が決まったことを伝えて下さい。支給手続きについて説明があります。当社は厚生労働大臣の許可事業所ですので、各種手当金の申請についてはハローワーク(職安)と同等に取り扱われます。